TOP>>音楽PV無料視聴サイト その他のページ

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー:『スポンサー広告
iPodとは、小さいメモリーやハードディスクに音楽をたくさん入れて聴けるメモリーオーディオです。

Windows XPやMac OSXが搭載されたパソコンがなければ使えません。


▼iPodで音楽を聴く

パソコンに音楽CDを入れると、なにかソフトが動いて、「再生(プレイ)」ボタンを押したら音楽が聴けると思います。
その、『なにかソフトが動いた』『ソフト』というのを「音楽再生ソフト」とか「音楽管理ソフト」と言います。

iTunesはiPodで音楽を聞くための「音楽管理ソフト(音楽管理ソフト)」です。

iPod shuffleiPod nanoといったiPod製品で音楽を聴こうと思ったら、パソコンにiTunesという「音楽再生ソフト(音楽管理ソフト)」をインストールしてなければなりません。

【音楽CD】>>【パソコン】>>【iTunes】>>【iPod】

上記のような流れで、音楽データはiPodへ送られます。【iTunes】がないと、iPodで音楽を聴くことは出来ません。

もし、近い将来、iPodの購入を検討されているのでしたら、先に、お手持ちのパソコンにiTunesをインストールしておくことをお勧めします。パソコンに音楽データを保存する時、最初っからiTunesを使って保存しておけば、あとでiPodを購入した際、スムーズにiPodへ音楽データを転送することができるからです。

iTunesは無料で、APPLEのHPからダウンロードできます。>>http://www.apple.com/jp/itunes/overview/

また、iPod製品を購入したらCD-ROMが付いてきます。

なお、ソニーのウォークマンや、パナソニックやビクターといった、他メーカーのメモリー・オーディオで音楽を聴きたい場合は、iTunesではなく、ソニーならソニック・ステージ、NECならMediaGarage(メディアガレージ)など、メーカーによって音楽再生ソフト(音楽管理ソフト)が異なります。それぞれのメーカーが音楽再生ソフト(音楽管理ソフト)を開発し、使用しているので、ご注意ください。
スポンサーサイト


カテゴリー:『iPodとは 』| trackBack(0) | Comments(0)
iTunesとは、iPodで音楽を聴く時に必要な音楽再生ソフト(音楽管理ソフト)です。

【音楽CD】>>【パソコン】>>【iTunes】>>【iPod】

上記のような流れで、音楽データはiPodへ送られます。【iTunes】がないと、iPodで音楽を聴くことは出来ません。

▼iTunesの使い方【音楽データの保存方法】
iTunesをお手持ちのパソコンにインストールしたら、iTunesのアイコンをクリックして、iTunesを起動してください。iTunesを起動したら「環境設定」でiTunesの設定をまずしておいた方がいいと思います。

1)音楽CDを入れたら、iTunesがまず動くようにする。
2)音楽CDをパソコンに読み込む(音楽データを保存する)時、データをどんな形式で保存するか。

iTunesの設定では、この2点が最も重要です。(1)をしていないと、音楽CDを入れた時、いちいち、別の音楽ソフトが動いたりして面倒です。(2)では、音楽CDをパソコンに保存する時、「音質」のためにちょっとデータ大きくなってもいいのか、「データ」のために多少音質悪くてもいいかどうかを設定します。

【iTunesの設定】>>【詳細】>>【読み込み】

この【読み込み】の設定で(2)の設定をします。【読み込み】の設定画面に、【読み込み方法】という箇所があると思います。【読み込み方法】には『AACエンコーダ』『AIFFエンコーダ』『Appleロスレス・エンコーダ』『MP3エンコーダ』『WAVエンコーダ』などの種類があります。
googleやyahoo!などで検索されたら、上記の各種読み込み方法の違いが詳しくわかると思います。
(私はよくわかりませんのでとりあえず汎用性が最もありそうな『MP3エンコーダ』を選択しております。)

【読み込み方法】の『AACエンコーダ』『AIFFエンコーダ』『Appleロスレス・エンコーダ』『MP3エンコーダ』『WAVエンコーダ』を選んだ後、【読み込み方法】のすぐそばに音質の【設定】があります。この音質【設定】で、『高音質』とか『192kbps』といった『数字の大きいもの』を選んだら音質がよくなるけれど、データも大きくなるので、iPodに入れられる曲数が減ります。『128kbps』のように『数字の小さいもの』を選べば、音質はあまりよくなくてもデータは小さいので、iPodに入れられる曲数が多くなります。

音楽データをiTunesを使ってパソコンに保存する際、どういった読み込み方法にするかは、試しに保存して聴いてみて、選ぶのが最善かと思われます。私はあまり音質にこだわりがなく、耳も決して良くはないので、音楽データの保存形式による、音質の違いが今ひとつわかりません。ヘッドフォンやイヤホンでもだいぶ音質が変わりますから、あまり深く考えなくてもいいのかもしれません。


カテゴリー:『iTunes~使い方編 』| trackBack(0) | Comments(0)
▼iTunesの使い方【操作】
iTunesを起動したら、左に『ライブラリ』や『store』のリストが並び、メイン部である右側に、プレイリストが並んでいると思います。

●左下の4つのボタン
iTunesの画面左下にはボタンが4つ並んでいます。
一番左にある『+』をクリックすると、左サイドバーにフォルダが新規作成されます。新しく作った新規フォルダに、右側メインプレイリストにある曲やアルバムの名前をドラッグすれば、『朝の音楽』とか『おやすみ音楽』といった、好きなプレイリストが作れます。
4つ並んでいるボタンの左から2番目は、「シャッフル機能」のON/OFF切り替えボタンです。
左から3番目のボタンは「オートリバース」のON/OFF切り替えボタン。
一番右のボタンは「アートワーク(ジャケット写真)」を左サイドバーに表示するかしないかの切り替えボタンです。

●右上の3つのボタン
iTunesの右メイン部の上に、検索窓があります。検索窓の左にボタンが3つありますが、それは、右メイン部をどのように表示するかを選ぶボタンです。
一番左のボタンを押すと、右メイン部の上半分は【ジャンル別】【アーティスト名】【アルバム名】に分けられ、上半分で選択した曲目が、下半分に表示されます。下半分の中にも【名前】【時間】【アーティスト】【アルバム】【ジャンル】【再生回数】といった項目があり、項目の名前をクリックすると、曲が並び変わります。

右上3つボタンの真ん中をクリックすると、下半分の表示が変化します。

右上3つボタンの一番右をクリックすると、右メイン部の上半分も表示が変化します。

お好みで表示を楽しんでください。

●右下の2つのボタン
iTunes画面右下にボタンが2つあります。
左のボタンをクリックすると、右側メイン部の下半分が上半分に多いかぶさり、上半分の表示が消えます。音楽CDをパソコンに挿入しているときは、このボタンが「CD読み込みボタン」になります。
右のボタンは、パソコンに入れたCDを出すイジェクト・ボタンです。

●音楽データを読み込んでいる時
音楽データを読み込み始めたら、音楽が勝手に再生し始めます。左上の『■(停止ボタン)』を押せば、流れている音楽は停止しますが、読み込み中の音楽データは停止せず、読み込みを継続します。
読み込み中のデータをキャンセルしたい場合は、真ん中の上のほうで『読み込みバー』が右にずんずん伸びている先っぽに『×』マークが小さくあり、それをクリックすれば、読み込みがストップします。

既に読み込んだ音楽データを消したい場合は、読み込んだ音楽データを選択し、ゴミ箱へドラックするか、削除キー(deleteキー)を押せば消えます。

また、音楽データを読み込み中に、他の曲を聴いたりしても問題ありません。音楽データの読み込みは勝手に進み、終了時にビープ音(ボ~ン、ピン!といった音)で、読み込み完了をお知らせしてくれます。

●アートワーク(ジャケット写真)
音楽データを読み込む際に、自動的にネット上からジャケット写真を拾ってきて、自分のiTunesのアートワークにジャケット写真を入れてくれるソフトがあると聴いたことがあるのですが、私はまだそれを見つけておりません。
ですから、ちょっと面倒ですが、1枚1枚手動で設定しています。

(1)amazonやyahooやgoogleイメージなどで、ジャケット写真を探し、見つけたら右クリックで画像をパソコンに保存します。
(2)Tunesの右メイン部でアルバムを選択。
(3)選択したら、iTunesの【ファイル】>>【情報を見る】をクリック。
(4)「情報を編集しますか」はOKを選択。
(5)設定画面が開いたら、ネットから拾ってきたアルバム写真をドラッグして右枠に入れます
  (正確にポイントしなくても右枠にジャケット写真入ります)。
(6)最後に設定画面の下にあるOKボタンをクリック。

これでアルバムのジャケット写真がアートワークとして保存されます。


カテゴリー:『iTunes~操作編 』| trackBack(0) | Comments(0)
▼iTunes Storeについて
音楽なら1曲150円や200円で購入できます。アルバム単位でも購入できます。PV(ミュージック・ビデオ)は300円や400円ぐらいで購入できます。曲によってそれぞれ価格が異なりますので、購入の際はお気をつけ下さい。
iTunes Store内では、音楽もPV(ミュージックビデオ)も視聴可能です。iTunes Storeの下のほうに曲名があり、曲名をクリックすれば、視聴が出来ます。PV(ミュージックビデオ)の場合は、iTunes Storeの真ん中よりちょっと上のほうに「視聴」ボタンがあるので、クリックして視聴してください。

▼iTunes Storeの購入方法
iTunes Storeで音楽を購入する際は、Apple iTunes Music プリペイドカード
かクレジットカードが必要となります。
iTune Music CardはiPodを販売している店舗や、Apple Store、amazonなどで購入することができます。iTunes Music Cardの種類は1万円分、5000円、3000円、2500円、1500円分などがあります。
クレジットカードはVISA、JCB、マスターカード、アメリカンエクスプレスが利用可能です。


カテゴリー:『iTunes~Store編 』| trackBack(0) | Comments(0)

Design by mi104c.
Copyright © 2007 音楽PV無料視聴サイト , All rights reserved.


尚、洋楽なら洋楽PV無料視聴サイトをご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。