iTunes~使い方編』のカテゴリーページ
TOP>>PV視聴『iTunes~使い方編』カテゴリーページ

カテゴリー  iTunes~使い方編

     記事一覧     

スポンサード リンク
iTunesとは、iPodで音楽を聴く時に必要な音楽再生ソフト(音楽管理ソフト)です。

【音楽CD】>>【パソコン】>>【iTunes】>>【iPod】

上記のような流れで、音楽データはiPodへ送られます。【iTunes】がないと、iPodで音楽を聴くことは出来ません。

▼iTunesの使い方【音楽データの保存方法】
iTunesをお手持ちのパソコンにインストールしたら、iTunesのアイコンをクリックして、iTunesを起動してください。iTunesを起動したら「環境設定」でiTunesの設定をまずしておいた方がいいと思います。

1)音楽CDを入れたら、iTunesがまず動くようにする。
2)音楽CDをパソコンに読み込む(音楽データを保存する)時、データをどんな形式で保存するか。

iTunesの設定では、この2点が最も重要です。(1)をしていないと、音楽CDを入れた時、いちいち、別の音楽ソフトが動いたりして面倒です。(2)では、音楽CDをパソコンに保存する時、「音質」のためにちょっとデータ大きくなってもいいのか、「データ」のために多少音質悪くてもいいかどうかを設定します。

【iTunesの設定】>>【詳細】>>【読み込み】

この【読み込み】の設定で(2)の設定をします。【読み込み】の設定画面に、【読み込み方法】という箇所があると思います。【読み込み方法】には『AACエンコーダ』『AIFFエンコーダ』『Appleロスレス・エンコーダ』『MP3エンコーダ』『WAVエンコーダ』などの種類があります。
googleやyahoo!などで検索されたら、上記の各種読み込み方法の違いが詳しくわかると思います。
(私はよくわかりませんのでとりあえず汎用性が最もありそうな『MP3エンコーダ』を選択しております。)

【読み込み方法】の『AACエンコーダ』『AIFFエンコーダ』『Appleロスレス・エンコーダ』『MP3エンコーダ』『WAVエンコーダ』を選んだ後、【読み込み方法】のすぐそばに音質の【設定】があります。この音質【設定】で、『高音質』とか『192kbps』といった『数字の大きいもの』を選んだら音質がよくなるけれど、データも大きくなるので、iPodに入れられる曲数が減ります。『128kbps』のように『数字の小さいもの』を選べば、音質はあまりよくなくてもデータは小さいので、iPodに入れられる曲数が多くなります。

音楽データをiTunesを使ってパソコンに保存する際、どういった読み込み方法にするかは、試しに保存して聴いてみて、選ぶのが最善かと思われます。私はあまり音質にこだわりがなく、耳も決して良くはないので、音楽データの保存形式による、音質の違いが今ひとつわかりません。ヘッドフォンやイヤホンでもだいぶ音質が変わりますから、あまり深く考えなくてもいいのかもしれません。
スポンサーサイト





カテゴリー:『iTunes~使い方編 』| trackBack(0) | Comments(0)

iTunes~使い方編
| 音楽PV無料視聴サイトTOP |



Design by mi104c.
Copyright © 2020 音楽PV無料視聴サイト , All rights reserved.


尚、洋楽なら洋楽PV無料視聴サイトをご覧ください。