電気グルーヴ』のカテゴリーページ
TOP>>PV視聴『電気グルーヴ』カテゴリーページ

スポンサード リンク
電気グルーヴ が2012年4月18日にリリースしたシングル「SHAMEFUL」のYouTube動画。

怪しさを秘めつつも電気グルーヴらしいノリノリの楽曲。夜中のドライブなんかにもよさげ。


SHAMEFUL


スポンサーサイト





カテゴリー:『電気グルーヴ 』| trackBack(0) | Comments(0)
電気グルーヴが2009年11月18日にリリースしたシングル「Upside Down」のYouTube動画。

マキシシングル「Upside Down」の3曲目にはテレビ東京系列で放送されている深夜番組「やりすぎコージー」のオープニング曲『やりすぎコージーOP』も収録されている。

Upside Down


カテゴリー:『電気グルーヴ 』| trackBack(0) | Comments(0)
電気グルーヴが2009年2月4日にリリースしたアルバム『YELLOW』からシングルカット(リカット)された曲 「The Words」のYouTube動画。

「The Words」は2008年10月15日にリリースされたアルバム『YELLOW』に収録されている。

ノスタルジックなメロディーに乗っかった、壮大な世界とチープな懐かしさがメクルメク妙に愉快な楽曲♪

YELLOW


カテゴリー:『電気グルーヴ 』| trackBack(0) | Comments(0)
電気グルーヴが2008年2月14日にリリースするシングル「モノノケダンス」のYouTube動画のPV。

水木しげるのアニメによるPV! 「墓場鬼太郎」は「ゲゲゲの鬼太郎」の元になった作品らしいが、画力が凄い。電気グルーヴも負けじと凄い。

PVはアニメーションより、絵を動かしているシーンが多い。祭りのシーンとか、わざわざ紙か何かで作って、手で動かすより、アニメーションの方が楽だったのではなかろうか。アニメーションのことはわかりませんが、紙で作って、切って、割り箸にはって、大勢が下から動かしているのだとしたら、メンドクセー! まっ、だからっこそおもしろいPVに♪

「モノノケダンス」はフジテレビ系列で放送されているテレビアニメ「墓場鬼太郎」のオープニング曲に起用されている。

出来グルーヴっぽいゆるさとエロさとおもしろさのある楽曲。

20(初回生産限定盤)(DVD付)
電気グルーヴ
KRE (2009-08-19)
売り上げランキング: 59116




カテゴリー:『電気グルーヴ 』| trackBack(0) | Comments(0)
電気グルーヴが2007年12月5日にリリースしたシングル「少年ヤング」のミュージックビデオYouTube。

電気GROOVEの「少年ヤング」は、大槻ケンヂの半自伝的小説「グミ・チョコレート・パイン」原作の映画「グミ・チョコレート・パイン」の主題歌。また、石野卓球は主役のケンゾー役として出演もしている。

電気グルーヴを聴くとなんかエロい気分になるのは私だけでしょうか。


J-POP




カテゴリー:『電気グルーヴ 』| trackBack(0) | Comments(0)
電気グルーヴがスチャダラパーと組んで「電気グルーヴ×スチャダラパー」名義となって2005年4月27日にリリースした1stシングル「Twilight」のYouTube動画。

「電気グルーヴ×スチャダラパー」が2005年6月29日にリリースした1stアルバム「電気グルーヴとかスチャダラパー」に「Twilight」が収録されている。

2001年9月のWIRE01以降、活動休止していた電気グルーヴが2004年7月のWIRE04以来復活し、電気グルーヴは「電気グルーヴ×スチャダラパー」として本格的に音楽活動を再開した。

電気グルーヴとかスチャダラパー





カテゴリー:『電気グルーヴ 』| trackBack(0) | Comments(0)
電気グルーヴが1999年12月1日にリリースしたシングル「Nothing's Gonna Change」のYouTube動画。

電気グルーヴが2000年7月19日にリリースしたライブアルバム「イルボン2000」に「ナッシングス ゴナ チェンジ(nothing's gonna change)」が収録されている。

このアルバム「イルボン2000」の後、2001年7月25日に2枚組セルフ・トリビュート・アルバム「The Last Supper」をリリースして電気グルーヴは活動休止。そして2004年から本格的に活動を復活させた。


YouTube動画は、まずシャングリラのリミックスバージョンが2分ほど演奏され、その後「Nothing's Gonna Change」の演奏が始まります。

VOXXX





カテゴリー:『電気グルーヴ 』| trackBack(0) | Comments(0)
電気グルーヴが1999年7月1日にリリースしたシングル「FLASHBACK DISCO」のPV。

電気グルーヴが2000年2月2日にリリースした8枚目のアルバム「VOXXX」に「FLASHBACK DISCO」は収録されている。

このアルバム「VOXXX」制作中にまりん(砂原良徳)が脱退した。まりんは、前作のスタジオアルバム「A(エース)」の完成度に満足し、「音楽性の違い」を理由に脱退。

それにしてもこの曲「FLASHBACK DISCO」はサウンド、PV共に凄い。ダフトパンクの「Around the world」や、はMoby(モビィ)の「In My Heart」と見比べてみても全然ひけをとっていない。

VOXXX





カテゴリー:『電気グルーヴ 』| trackBack(0) | Comments(0)
電気グルーヴが1997年3月21日にリリースしたシングル「Shangri-La」のPV。

この曲「シャングリラ」で電気グルーヴは一気にブレイクし、自ら「夢でキスキスバンド」と称するほど、電気グルーヴの名を世に知らしめた曲。

「シャングリラ」が収録されているアルバム「A(エース)」の前作「ORANGE」リリース後、電気グルーヴは所属事務所が消滅したり、マネージャーが失踪したり、レコード会社への不信感などもあり「電気グルーヴをなめてる世間に対してリベンジをしてやる」という強い意志があった。その結果「A(エース)」が生まれた。

電気グルーヴの「Shangri-La(シャングリラ)」は、日産の4WD車「テラノ」のテレビCM曲になったことをきっかけに一気にブレイク。

「Shangri-La(シャングリラ)」がスマッシュヒットしたこともあり、1997年5月14日に電気グルーヴがリリースしたアルバム「A(エース)」は34万枚以上のセールスを達成。

ただ、このアルバム「A(エース)」の完成度にまりん(砂原良徳)が満足し、次のスタジオフルアルバム作品「VOXXX」制作中に「音楽性の違い」を理由に脱退発表するに至った。

A(エース)





カテゴリー:『電気グルーヴ 』| trackBack(0) | Comments(0)
電気グルーヴが1995年4月21日にリリースしたシングル「虹」のYouTube動画。

電気グルーヴが1994年12月1日にリリースした5thアルバム「DRAGON」に「虹」は収録されている。

このそして電気グルーヴの「虹」は、テクノの本場ドイツのMFSレーベルからシングルとしてリリースされ、後に電気グルーヴがドイツを始めとする世界のテクノシーンで活躍するきっかけとなった曲。


DRAGON




カテゴリー:『電気グルーヴ 』| trackBack(0) | Comments(0)

電気グルーヴ
| 音楽PV無料視聴サイトTOP | Next



Design by mi104c.
Copyright © 2020 音楽PV無料視聴サイト , All rights reserved.


尚、洋楽なら洋楽PV無料視聴サイトをご覧ください。